MADO不具合対応方法その2

以前に、以下の記事でMADOのアップデート不具合の対応方法を書いた。

MADOアップデート不具合?対応方法
http://www.v-wanderer.net/blog/archives/56

ただ、こちらの方法は単に旧バージョンに戻す方法のため、基本文字色を変更しても白に固定されてしまう場合があるっぽく、根本的な原因を再度調査してみて、以下の方法で対処可能な事が判明。
新パージョンのファイルに以下の変更を加える。

var _Window_Message_Initialize = Window_Message.prototype.initialize;
Window_Message.prototype.initialize = function() {
_Window_Message_Initialize.call(this);
this.windowskin = ImageManager.loadSystem(‘Window_Talk’);
this._refreshAllParts();
};

の下あたりに、以下の内容を追加する。

var _Window_Base_Initialize = Window_Base.prototype.initialize;
Window_Base.prototype.initialize = function(x, y, width, height) {
_Window_Base_Initialize.call(this,x, y, width, height);
this.windowskin = ImageManager.loadSystem(‘Window_Other’);
// this._refreshAllParts();
}

Window_Base.prototype.resetTextColor = function() {
this.changeTextColor(“#ffffff”);
};

this._refreshAllParts();はたぶん入れなくても大丈夫っぽかったので、コメント化してるが、
動きが不安定そうなら、これも入れる感じ?

※追記:旧バージョンに書かれていたWindow_Base.prototype.resetTextColorは
やはり入れないと不安定になるっぽい。リロード時に文字色が黒になるケースがあった。
黒になるケースの場合、色データが空ではなく、明確に”#000000″になっていた。
黒になるケースの場合のみ変更では結局だめなときがあったので、旧バージョンと同じ内容にするしかないっぽい?

Window_Baseから継承しているウィンドウであれば、他のプラグインなどを含めた
一部未対応だったウィンドウが「その他」のカテゴリで指定されたウィンドウの
画像で表示されるようになります。


こんな感じ。「その他」カテゴリのウィンドウを別のものにして試してみた結果。

なお、上の方に書いた基本文字色の変更については、確認したところでは、
プラグインなどで変更するしかないらしいので、通常は気にしなくても問題ないはず。

そういえば、MADOのアップデート、この問題が起きた1.0.1以降まったく進展ないような………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.