近況+小ネタ

Queen’sKnight公開後、大分落ち着いてきたので、次の作品をちまちまと作っております。


1つは続編となるRevolutionBrave2。基本的なシステムはQueen’sKnightを引き継いでおりますが、いくつか変更あり。

1つ目はLPの導入で、気絶する(HP0になる)度にLPが1ずつ減っていき、0になると戦闘不能になって勇者像に触れるか宿に泊まるまで復活できなくなります。要は、やられても生き返らせるか逃げればいいという訳にはいかなくなります。
2つ目は能力値変更系の段階を8段階までに変更。これに伴い、セーバーなどの魔法が熟練度に応じて上がる量が変わります。
(なお、重ね掛け可能なため、熟練度低くても最大にする事は可能。また、クイックなどのステート付加型は従来通り)
3つ目は画面では出てないところになりますが、一部の魔法(ヒールやブレイズなど)で単体/全体の切り替えが可能に。
これに伴い、同等の魔法で全体に効果があったもの(メディカルやフレアーなど)は仕様が変わったり上位魔法扱いになります。

他にもいろいろと調整中。


もう一つ開発中のがこちらのRevolutionBrave Re:Generation。
初回作RevolutionBraveのリメイク版で、2Dマップ型のRPGに落とし込んだ形となります。
マップ形式が変わった以外では、1階のゲームバランス調整を行った他、盾のドロップを調整しておりますが、それ以外は基本的にオリジナル版に忠実に作っているところです。(ダメージ計算式やパラメータ上昇、状態異常耐性などは当時の開発データをそのまま落とし込んでいます)

で、開発中に1つ思い当たったことがあり、ロード画面のBGM変えられないかなと思ってググってみたけど、なかなか見つからないので、例によって解析してスクリプト改修してみた。

rpg_scenes.jsに以下の関数がある。

Scene_Title.prototype.commandContinue = function() {
this._commandWindow.close();
SceneManager.push(Scene_Load);
};

この関数の
SceneManager.push(Scene_Load);
の前にBGM実行処理を呼び出せばOKで、下に書いたような感じに書いたところ、うまくいった。

Scene_Title.prototype.commandContinue = function() {
this._commandWindow.close();
var loadBgm = {
name: “BGMファイル名”,
volume: 90,
pitch: 100,
pan: 0
};
AudioManager.playBgm(loadBgm);
SceneManager.push(Scene_Load);
};

BGMを設定するとき、上記のような配列形式にする必要があり、nameとvolumeは必須なようです。
ピッチと位相(pan)は省略可能っぽかった。
なお、ファイル名は拡張子不要で、ディレクトリはaudio/bgmから読み込みます。

「Queen’sKnight」配信開始しました

タイトルの通り、「Queen’sKnight」の配信を開始しました。

配信ページは以下になります。(ふりーむ)
http://freem.ne.jp/win/game/16674

本作はブログやダウンロードページのゲーム説明にも書いてあるように、育成方法が特殊な形になっております。
このため、主人公のローゼリアの育成について、ちょっとしたアドバイス的なものでも書いてみる。

・武器の装備と育成
迷うようなら、初期装備通りの槍+盾のスタイルで進めてみよう。
槍は命中率が剣や斧より高くなっており、初期の状態でもそこそこは当たる。
また、盾は初期の時点ではそれほど恩恵を感じないが、後々回避率や魔法抵抗で受けるダメージが
大きく変わってくるので、強敵とも戦いやすくなります。

もっとも、盾に熟練度はないので、序盤はあえて両手持ちや二刀流というのもやり方の1つ。
ただし、違う武器での二刀流は熟練度の上昇が遅くなりますので、その点は注意。

・魔法の育成
まず、回復魔法がある光の魔法を重点的に。ローゼリアはパーティーから外れる事はないので、
彼女を回復役主体にしておけば、だいたいはどうにかなります。
余裕があれば闇の魔法も上げておくと、後の方で即死系魔法を覚えた後にさくさく狩れるように。

「Queen’s Knight」キャラ紹介

ようやく各種修正も完成し、近いうちに公開出来そうになりましたので、本作の主要キャラを紹介。

ローゼリア・アルディーン

15歳。本作の主人公でガルディース王国の新米騎士。
王妃の護衛として仕えていたが、王妃の願いでアルフレッド王子と亡命の旅に出ます。

主人公なので、ゲームの最初からおります。
というか、(アルフレッド王子は非戦闘員のため)最初は彼女1人で戦うことになります。
初期装備は槍ですが、ゲームの最初から各種の武器を支給されており、最初は熟練度もすべて1
(ただし、継承の呪文を使うと2~5になります。全部同じ値ですw)なので、好みで好きなものを使うといいでしょう。

また、回復魔法などの最小限の魔法をいくつか覚えています。
すべて神霊魔法(精神が影響する魔法。回復や支援などが主体だが、攻撃系もいくつかあり)なので、
状況に応じて熟練度上げも兼ねて使うといいでしょう。

アル(アルフレッド・ガルディース)

5歳。ガルディース王国の王子で、王妃の願いでローゼリアと共に亡命の旅に出る事になります。
彼を安全な場所で平和に暮らせるようにするのが本作の目的となります。
表向きはローゼリアの弟として連れられており、アルと呼ばれております。
なお、本作では戦闘に参加しません。

アジン

22歳。放浪の傭兵で最初に仲間になります。
初期装備は斧ですが、剣の熟練度も同等に持っておりますので、お好みで。
なお、仲間になった時点では魔法はほとんど使えません。
魔導書を装備することはできますので、必要最小限の魔法を持たせておくのも手かもしれません。
彼の苗字は仲間になった時点では伏せられていて、ゲームの途中で明らかになります。

ゴンベー・ナナシーノ

23歳。魔王討伐の指令を受けて旅している勇者で、本作で唯一名前変更できます。
(苗字は変更不可。また、継承の呪文を使用した場合も継承の呪文での名前になるため、変更不可)
前作「RevolutionBrave」の主人公で、彼が魔王討伐の旅をしている時期が本作の舞台となっております。
彼も旅の途中で仲間になります。なお、装飾品以外の装備変更不可となっております。装備武器は剣(銅の剣+9)
また、魔導書の装備スロットも持っていないので、覚えている魔法のみ使えます。

エリザ

20歳。とある村の魔導師で、彼女も旅の途中で仲間になります。
主に精霊魔法(知性が影響する魔法。攻撃や弱体系の魔法が主体)を得意としております。初期装備は杖。
なお、苗字不明ですが、こっちは特に深い意味はありませんw

ガゼル・ブリッツ

28歳。とある村の村長で村最強の魔導師。ゲーム終盤で仲間になります。
エリザ同様に精霊魔法を得意としており、唯一、本作で最強の全体攻撃魔法「ニュークリア」を使用できます。
なお、魔導書の装備スロットを持っておらず、覚えている魔法のみ使用可能。初期装備は杖。

アンジェリカ・ヴァールハイト

19歳。魔王ゴンザレスに滅ぼされた、ヴァールハイト王国の王女です。
彼女も、ゲーム終盤で仲間になります。初期装備は銃で、二丁拳銃のスタイルになっております。
(盾が必要なら、お好みで変えてください)
神霊魔法を得意としており、回復や支援については彼女に任せても大丈夫になります。
一応、魔導書の装備スロットは他のキャラと同様に持っているので魔導書の追加入れ替えは可能です。

以上が、ゲームの主要キャラになります。
彼らがどのように物語に関わっていくかは、ゲームでお確かめください。

「Queen’s Knight」開発進捗#2

現在開発中の「Queen’s Knight」
シナリオ部分も完成し、あとはバランス調整やバグ修正などをちまちまやっている段階になりました。


今作では前作「RevolutionBrave」のクリア時に出た「継承の呪文」を使って引き継ぎが出来ます。
勇者の名前が引き継がれる他、ゴールドの引き継ぎ(最大5000)や本作主人公ローゼリアの
熟練度の上昇といった恩恵があります。


オープニングの1シーン。
アデリア王女は前作「RevolutionBrave」では最上階で勇者にあるアイテムと最強装備の情報を
与えてくれた人物ですが、本作では彼女の野心的な実態が明らかになります。

公開時期ですが、来月にWindows版を公開、その後RPGアツマールへの展開も予定しております。

「Queen’s Knight」開発進捗#1

現在開発中の「Queen’s Knight」
その進捗状況をざっくりと。


基本的なシステムはほぼ完成し、あとはマップやシナリオを順次組み込んでいる状況になります。
敵データもそれに合わせて都度作っている上、バランス調整は最後に行うことになりますが。
この写真は王国の将軍が王と会話するシーン。将軍は今回出番少ないので、ツクールMVのデフォキャラでおなじみのハロルド君にやってもらうことにwww


熟練度システムの話は以前にしたけど、今回は魔法の習得について。
魔法はこのように魔導書を装備して覚える形になります。
外すこともできますし、外した魔導書を他の仲間に装備させたりも出来るような形。

なお、一部のキャラを除いて魔導書の装備は制限なく、誰でも魔導書を装備して魔法を使う事ができます。
戦士系のキャラに魔法を使わせたりする事も、問題ないです。
(もちろん、魔法の熟練度を上げる必要はございますが)


戦闘シーン。フロントビュー戦闘ですが、下側にキャラの画像が出ており、パーティキャラ側も含めて魔法や攻撃のエフェクトが出るような形になっております。


敵ボスである四天王の1人、闇のジュウザ・ヤシマ。
彼らがどのように物語に関わってくるかは完成をお楽しみに。

MADOアップデート不具合?対応方法

ツイッターで知ったんだけど、MADOのアップデートに不具合があって、
一部のウィンドウに対してデザイン変更が適用されない?問題があったっぽい。
実際バージョンアップ後にデザインをエクスポートしたところ、再現したので、調べてみた。

結果、AltWindowFrame.jsをバージョンアップ前のものに変えたら戻った。
差分も調べたので、以下の通りにやれば対処できると思う。

29行目~の以下の箇所。該当のところをコメント化する。

Window_Base.prototype.loadWindowskin = function() {
this.windowskin = ImageManager.loadSystem('Window_Talk');
this.windowskin = ImageManager.loadSystem('Window_Battle');
this.windowskin = ImageManager.loadSystem('Window_Status');
this.windowskin = ImageManager.loadSystem('Window_Other');
// this.windowskin = ImageManager.loadSystem('Window');
};

// var _Scene_Title_Create = Scene_Title.prototype.create;
// Scene_Title.prototype.create = function() {
// _Scene_Title_Create.call(this);
// this._commandWindow._windowskin = ImageManager.loadSystem('Window_Other');
// this._commandWindow._refreshAllParts();
// };

255行目(最後の箇所)に以下追加。(バージョンアップ後にこの関数定義が消えてた)

Window_Base.prototype.resetTextColor = function() {
this.changeTextColor("#ffffff");
};

取り急ぎ、試してみたところ、↓のようにうまくいったっぽい?

新作品「Queen’sKnight」開発開始

で、新作の話になります。
本格的に開発着手しましたので、開発中のゲームを公開。

タイトルは「Queen’sKnight」副題に「Revolution Brave Zero」と付けており、前作「Revolution Brave」の前話となります。


今回はゲームエンジンにRPGツクールMVを起用。ただし、プラグインの投入および
スクリプトの大幅改修によってシステムを既存のものから大きく変更しております。

キャラクターレベルの概念を廃止、経験値は戦闘中の行動によって各パラメータに振り分けられ、
それぞれが個別に成長するようになっております。
各パラメータは以下のような条件で成長していきます。

腕力:通常攻撃を実行する事によって上昇
敏捷:より少ないターン数で戦闘に勝利(パーティ全員が該当)、敵にとどめを刺す事によって上昇
体力:ダメージ攻撃を受ける事によって上昇。大ダメージを受けるとさらに上昇
知性:精霊魔法を使用する事によって上昇
精神:神霊魔法を使用する事によって上昇
魔力:魔法を使用する事によって上昇
回避:物理攻撃を受ける事によって上昇
抵抗:魔法攻撃を受ける事によって上昇

最大HPと最大MPは自然に上がっていきますが、HPはダメージ攻撃を受ける事でも上昇、
MPは魔法を使用する事でさらに上昇するようになっております。

簡単に言えばFF2型の成長システムなんだけど、一部パラメータの上昇条件が異なるのと、
成長量が敵から取れる経験値に依存・分配するので、戦闘を長引かせてLv上げるという方法は取れないようになってます。


で、例によって武器と魔法は熟練度が存在。魔法は個別じゃなくて8つの属性で分かれております。
武器は剣、槍、斧、杖、銃、拳(要するに素手)の6種。
魔法は火、水、天、地、光、闇、力、時の8種で
計14種の熟練度があります。
火、水、天、地が精霊魔法、光、闇、力、時が神霊魔法となっており、精霊魔法は知性、神霊魔法は精神が影響する。
武器、魔法共に熟練度が上がると攻撃回数(実行回数)が上昇し、結果として効果も上がってくる仕組み。
魔法は熟練度が上がると消費MPも増えますが、一部例外があるのと、消費MPの上昇単位も魔法ごとに異なってきます。


装備画面。右手と左手にそれぞれ武器もしくは盾を持てます。(通常攻撃でダメージを与えられなくなるが両手盾も可能)
両手持ち(武器を片手のみ装備でもう片方を素手にする)だと攻撃力が上昇、
二刀流(それぞれに武器を装備)だと攻撃回数がそれぞれの手の熟練度の合計になり、攻撃力は双方の武器の平均になります。
武器+盾の場合は攻撃力は落ちますが回避率が上がります。(盾によっては耐性などもつく)
素手(両方とも武器・盾を装備しない)の場合、拳の熟練度の2倍の攻撃回数になり、攻撃力は熟練度に比例して上がります。

システム、およびそれぞれの画面は一部他のサイトなどで公開されているプラグイン取り込んで作ってるのもあるけど、ほぼ自作で調整した。
RPGツクールMVはJavascriptでゲームプログラムが書かれてるのもあって、思ったより大きな変更を加える事が出来た。

システムの他の部分やストーリーなどはまた後日………

新ブログ公開

以前のブログの書き込みが長期間途絶えていたのと、新作開発の目途がようやくついてきたので、
ブログをリニューアル。
今回は、サイトと同じサーバ内にWordpressをインストールして設置してみた。

今のところ、どうせまだ来る人ほとんどいないと思うので広告などは置いてない。
将来的にはその辺も適当に整備するかもしれないけどw