「Queen’s Knight」開発進捗#1

現在開発中の「Queen’s Knight」
その進捗状況をざっくりと。


基本的なシステムはほぼ完成し、あとはマップやシナリオを順次組み込んでいる状況になります。
敵データもそれに合わせて都度作っている上、バランス調整は最後に行うことになりますが。
この写真は王国の将軍が王と会話するシーン。将軍は今回出番少ないので、ツクールMVのデフォキャラでおなじみのハロルド君にやってもらうことにwww


熟練度システムの話は以前にしたけど、今回は魔法の習得について。
魔法はこのように魔導書を装備して覚える形になります。
外すこともできますし、外した魔導書を他の仲間に装備させたりも出来るような形。

なお、一部のキャラを除いて魔導書の装備は制限なく、誰でも魔導書を装備して魔法を使う事ができます。
戦士系のキャラに魔法を使わせたりする事も、問題ないです。
(もちろん、魔法の熟練度を上げる必要はございますが)


戦闘シーン。フロントビュー戦闘ですが、下側にキャラの画像が出ており、パーティキャラ側も含めて魔法や攻撃のエフェクトが出るような形になっております。


敵ボスである四天王の1人、闇のジュウザ・ヤシマ。
彼らがどのように物語に関わってくるかは完成をお楽しみに。

MADOアップデート不具合?対応方法

ツイッターで知ったんだけど、MADOのアップデートに不具合があって、
一部のウィンドウに対してデザイン変更が適用されない?問題があったっぽい。
実際バージョンアップ後にデザインをエクスポートしたところ、再現したので、調べてみた。

結果、AltWindowFrame.jsをバージョンアップ前のものに変えたら戻った。
差分も調べたので、以下の通りにやれば対処できると思う。

29行目~の以下の箇所。該当のところをコメント化する。

Window_Base.prototype.loadWindowskin = function() {
this.windowskin = ImageManager.loadSystem('Window_Talk');
this.windowskin = ImageManager.loadSystem('Window_Battle');
this.windowskin = ImageManager.loadSystem('Window_Status');
this.windowskin = ImageManager.loadSystem('Window_Other');
// this.windowskin = ImageManager.loadSystem('Window');
};

// var _Scene_Title_Create = Scene_Title.prototype.create;
// Scene_Title.prototype.create = function() {
// _Scene_Title_Create.call(this);
// this._commandWindow._windowskin = ImageManager.loadSystem('Window_Other');
// this._commandWindow._refreshAllParts();
// };

255行目(最後の箇所)に以下追加。(バージョンアップ後にこの関数定義が消えてた)

Window_Base.prototype.resetTextColor = function() {
this.changeTextColor("#ffffff");
};

取り急ぎ、試してみたところ、↓のようにうまくいったっぽい?

新作品「Queen’sKnight」開発開始

で、新作の話になります。
本格的に開発着手しましたので、開発中のゲームを公開。

タイトルは「Queen’sKnight」副題に「Revolution Brave Zero」と付けており、前作「Revolution Brave」の前話となります。


今回はゲームエンジンにRPGツクールMVを起用。ただし、プラグインの投入および
スクリプトの大幅改修によってシステムを既存のものから大きく変更しております。

キャラクターレベルの概念を廃止、経験値は戦闘中の行動によって各パラメータに振り分けられ、
それぞれが個別に成長するようになっております。
各パラメータは以下のような条件で成長していきます。

腕力:通常攻撃を実行する事によって上昇
敏捷:より少ないターン数で戦闘に勝利(パーティ全員が該当)、敵にとどめを刺す事によって上昇
体力:ダメージ攻撃を受ける事によって上昇。大ダメージを受けるとさらに上昇
知性:精霊魔法を使用する事によって上昇
精神:神霊魔法を使用する事によって上昇
魔力:魔法を使用する事によって上昇
回避:物理攻撃を受ける事によって上昇
抵抗:魔法攻撃を受ける事によって上昇

最大HPと最大MPは自然に上がっていきますが、HPはダメージ攻撃を受ける事でも上昇、
MPは魔法を使用する事でさらに上昇するようになっております。

簡単に言えばFF2型の成長システムなんだけど、一部パラメータの上昇条件が異なるのと、
成長量が敵から取れる経験値に依存・分配するので、戦闘を長引かせてLv上げるという方法は取れないようになってます。


で、例によって武器と魔法は熟練度が存在。魔法は個別じゃなくて8つの属性で分かれております。
武器は剣、槍、斧、杖、銃、拳(要するに素手)の6種。
魔法は火、水、天、地、光、闇、力、時の8種で
計14種の熟練度があります。
火、水、天、地が精霊魔法、光、闇、力、時が神霊魔法となっており、精霊魔法は知性、神霊魔法は精神が影響する。
武器、魔法共に熟練度が上がると攻撃回数(実行回数)が上昇し、結果として効果も上がってくる仕組み。
魔法は熟練度が上がると消費MPも増えますが、一部例外があるのと、消費MPの上昇単位も魔法ごとに異なってきます。


装備画面。右手と左手にそれぞれ武器もしくは盾を持てます。(通常攻撃でダメージを与えられなくなるが両手盾も可能)
両手持ち(武器を片手のみ装備でもう片方を素手にする)だと攻撃力が上昇、
二刀流(それぞれに武器を装備)だと攻撃回数がそれぞれの手の熟練度の合計になり、攻撃力は双方の武器の平均になります。
武器+盾の場合は攻撃力は落ちますが回避率が上がります。(盾によっては耐性などもつく)
素手(両方とも武器・盾を装備しない)の場合、拳の熟練度の2倍の攻撃回数になり、攻撃力は熟練度に比例して上がります。

システム、およびそれぞれの画面は一部他のサイトなどで公開されているプラグイン取り込んで作ってるのもあるけど、ほぼ自作で調整した。
RPGツクールMVはJavascriptでゲームプログラムが書かれてるのもあって、思ったより大きな変更を加える事が出来た。

システムの他の部分やストーリーなどはまた後日………

新ブログ公開

以前のブログの書き込みが長期間途絶えていたのと、新作開発の目途がようやくついてきたので、
ブログをリニューアル。
今回は、サイトと同じサーバ内にWordpressをインストールして設置してみた。

今のところ、どうせまだ来る人ほとんどいないと思うので広告などは置いてない。
将来的にはその辺も適当に整備するかもしれないけどw